MAMANO (やさしいごはんとおやつ)

MAMANO やさしいごはんとおやつ

玄米+マクロの会はこんな感じでした

すっかり過ぎ去ってからのご報告になりますが…

2月に開催した「玄米を食べてみよう!+マクロビオティックを知ろう!」の会

この日は講義中心だったので、参加してくださった方々と作ったのは玄米ご飯とお味噌汁。
ランチ時間にはあらかじめ私が作っておいた、風呂吹き大根、小豆カボチャ、車麩の揚げ煮、ゴマ塩をご用意しました。
(写真を撮り忘れましたが、おうちマルシェのマクロビランチの内容と同じです)

ざっくりマクロや陰陽についてお話し、話があっちやこっちに飛んだりしながらあっという間に時間は過ぎました。

玄米はもみ殻がついているモノや変なお米をよける「籾より」の作業をしていただいたり、出汁をとったり、味噌を擦ったり。
いつものお料理の会よりウンチク多めで大丈夫かな、って思ったけど、みなさん「へ~!」って関心を示してくれました。

陰陽を知ると、いろんなことに応用して考えられるから面白いんですよ。
食だけでなく、その他いろんなことに陰陽の理論は当てはまり。
男性(陽性)と女性(陰性)は惹かれあう、とか。

単純に面白いと思います。

マクロビオティックの食事の実践は慣れないと最初は手間に思うと思います。
慣れるまではなんでもそうですよね。

でも、完璧に全てをやる必要はないです。
知ってると必要な時に使えるから、良いと思うのです。

ただ、ある症状を改善したいとか、何らかの目的があるときには一定期間マジメに実践しないと意味がないと思います。
効果が出ないから。

受験の時にはがっつり勉強する、のと同じですよね。
ダイエットには大好きなスイーツやお酒を一定期間我慢する、とか。

特に症状がなくても、自分や家族の状態を考えて生活に生かせるマクロビオティックの知識があると、楽になると私自身の経験から思います。

私自身、ちゃんとマクロの食生活を送っているかと言われればそうではありませんが、必要な時には基本に戻ると体調や気持ちが整います。

あと、マクロは我慢のイメージがあるかもしれませんが、普通においしいものもたくさんありますからね。
そうじゃなければ食いしん坊の私が続けられるわけがありません笑

食べちゃいけないってものもないんですよ。
ただ、控えましょう、って言う物にはちゃんと理由があるんです。
それを知ると、じゃあ私は食べなくてもいいかな、って思うので食べなかったりします。

それにたくさんマクロ的なものでおいしいものはたくさんあるんです。
マクロビオティックって言うから特別なモノのように聞こえるかもしれませんが、もともとの日本食は素晴らしいバランスの食事なんですよ。
和食以外にも中華、イタリアン、などなどいろんなバリエーションがあるし。

そんなことをお話しながら、楽しい時間は過ぎました。
ご参加くださったみなさん、ありがとうございました。

ご参加いただいた皆さんにも投げかけた質問ですが、

「何のために食を気にするんですか?」


「健康のため」

ですか?
多くの方はそういうかもしれません。

でも、答えはそれでは楽しくありません。

「幸せになるため」

です!

心と体の調子が良いとハッピーに過ごせます。

健康のため、に我慢ばかりや理屈で食べていてハッピーですか?

健康は幸せに生きるための手段です。


ってことを先月行った、薬を使わない小児科医 真弓定夫先生わら主催の船越康弘さん講演会で言っていました。

ハッピーな毎日のために、楽しくおいしく食べましょう♪

またこの会をやってね~、と急にやったので当日ご参加いただけなかった方々からのお声をいただいています。
あと2名様位のお申し込みがあれば、みなさんのご都合に合わせた日程で開催しようと思いますので、ご興味のある方がご連絡を下さいね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mamanomz.blog.fc2.com/tb.php/385-5b5581eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad