MAMANO (やさしいごはんとおやつ)

MAMANO やさしいごはんとおやつ

修了しました~






今日は去年の4月から通っていたお料理学校の試作会でした。

試作会には初級,中級,上級,師範科,それぞれの生徒がお料理を作って持って行きます。
指定のレシピからだったり,オリジナルのレシピだったりとそれぞれですが,師範科はオリジナルレシピで。

上級までは師範科の華やかなテーブルが眩しくて,すご~い!と思っていましたが,今回もすご~い!と思いました。

とっても美味しそうなお料理やスイーツがいっぱい並んで,すごい贅沢なバイキングのよう。

と言っても,まずは先生方がひとつずつ味見をし,講評してくださいます。
緊張~~~!

上級までとは違い,一品ずつ時間をかけてみてくださり,さらに個別に評価を書いてくださいました。

私のお料理は「手まりお結び」4種類でした。

一見地味で簡単そうでしょ?

でも,基本である玄米の炊き方を見ていただきたかったのと,これまでに教わったいくつかの技?を入れていたので,その辺もちゃんと出来ているのか見ていただきたかったのです。

で,食べてくださった先生方は,美味しいし,見た目が可愛い,と言ってくれました~♪
ごはんもちゃんと炊けてるって。良かった。
(ちなみに土鍋で炊いています)

ただ,ハルと一緒に食べることを想定していたので,大人には塩味が薄いと...

幼児には大人の1/3の塩分でいい,と言うことなので,いつもうす味を心がけているのですが,今回は大人向けだった↓↓

私の味覚自体も薄味になっていたんだろうなあ。
自宅でのお料理の会の時でもそれは気になっていて,参加者の方に薄くない?ってよく聞いちゃうのですが。

先生方の評価が終わったら,いよいよ生徒たちが食べる番♪

始まる前から目をつけておいた美味しそうなものをゲットしつつ,レシピを見せてもらいつつ。

師範科のテーブルはあっという間に空になってました。


みんなちょっと名残惜しかったので,試作会の後にお茶しに行きました。
そこに今回の試作会には出なかった同期のメンバー2人も駆け付けてくれました!
ありがと~!

北海道や九州から毎月来ていた方々もいて,本当によく頑張っていました。
中級の時には一週間の集中講座にも一緒に出たり,悩みや疑問を一緒に話したり。

定期的に会っていた仲間たちと会えなくなるのは寂しいですが,また何処かでつながりそうな気がしています。
この出会いも大きな財産です。

始める前は,私もっとマニアックになっちゃうんじゃない?と自分自身心配でしたが,逆にちゃんと習うことで自分の思いこみや勘違いが明らかになり,少し気が楽になりました。
解放された,と言うか。

あと,食の大切さを改めて考えさせられました。
「人は食べ物のお化け」とか
「You are what you eat」(人は食べた物のようになる)
とか言われるけど,確かにそう!って思います。

終わってみるとあっという間でした。
行く!って決めて良かった。

ちょっと分かってくるともっと分からないことや,もっと知りたいことが出てきて,みんなとも,次どうする?って話したりしてました。

とりあえず,師範科まで無事?修了できて良かった。
(ある友人は,“師範”ってはかまとかはいていそう,って...普通にエプロンしてます)

その間,お世話になった友達,両方の両親,スポンサーの夫,いつもご機嫌でいてくれたハルに感謝です。
皆さんのサポートなしではやり切れませんでした。
本当にありがとう。

そしてこれからも飽くなき挑戦?は続くかもしれませんが,その節にはまたよろしくお願いします。

今日までの1年3カ月の全てに感謝!




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://mamanomz.blog.fc2.com/tb.php/67-ce70e822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad